ヘルニア倶楽部   https://www.hernia.jp/   Produced by メディコン

≪ 前のページに戻る     印刷する
ホーム  > 鼠径ヘルニアの治療 > 鼠径ヘルニア手術を受ける前に

鼠径ヘルニアの治療鼠径ヘルニア手術を受ける前に【1】


監修:医療法人社団 涼友会 理事長 執行クリニック 院長 執行 友成 先生
公立学校共済組合 近畿中央病院 外科 部長 上村 佳央 先生
医療法人社団 みやざき外科・ヘルニアクリニック 理事長 院長 宮崎 恭介 先生

先生からのメッセージ

鼠径ヘルニア(脱腸)のインフォームドコンセント鼠径ヘルニアは子供の病気かと思ってしまいがちですが、むしろ成人に多く見られる病気です。また、成人と子供では鼠径ヘルニアになる原因も違い、治療法も異なります。

成人の鼠径ヘルニアは自然に治ることはなく、治療には手術が必要です。これまでの鼠径ヘルニア手術は弱くなった部分を糸で引き寄せて縫い合わせる方法が主流でした。しかし最近、人工補強材を使った従来とはまったく違った手術が行われるようになり、手術時間も短く、術後の痛みも少なく早期に社会復帰ができるようになってきました。

もし、鼠径ヘルニアでお悩みの方がおられましたら余り悩まないで、できるだけ早く外科医の診療を受けられることをお薦めします。そのときにこのコンテンツが皆様のお役に立つことを願っています。

鼠径ヘルニアとは

鼠径ヘルニアの腸が飛び出ているイメージ一般に"脱腸"と呼ばれる良性の病気です。小児と成人では原因が違い、治療法も異なります。小児の鼠径ヘルニアは自然に治るケースもありますが、成人鼠径ヘルニアは加齢とともに下腹部から足のつけね(鼠径部)の組織が脆弱になり、その部分からお腹の中にある腹膜が袋状に飛び出してくることによっておこります。

鼠径ヘルニア(脱腸)になりやすい人

鼠径ヘルニアになりやすいとされている40歳以上の男性

加齢
●特に40歳以上の男性

日常生活で鼠径ヘルニアになりやすいとされている咳をよくする人日常生活
●咳をよくする人
●妊娠している人
●過激な運動をする人

職業で鼠径ヘルニアになりやすいとされている重い荷物を持つ人職業
●お腹に力がかかる仕事
●立ち仕事に従事する人

鼠径ヘルニアになりやすいとされている肥満の人病気など
●便秘症
●肥満
●喘息
●慢性肺疾患

「そけいヘルニア手術を受ける前に」 冊子より

鼠径ヘルニアの日帰り手術(日帰り入院)の動画メディ助|鼠径ヘルニア,腹壁ヘルニア

このページの一番上へ

≪ 前のページに戻る     印刷する
ヘルニア倶楽部    https://www.hernia.jp/
Copyright © Medicon,Inc. All Rights Reserved.