女性の鼠径部ヘルニア(大腿ヘルニアを含む)

監修:みやざき外科・ヘルニアクリニック 院長 宮崎恭介先生

一般的に、鼠径部ヘルニアは男性に多い病気であり、男女比は5:1~10:1と言われています。しかし、年齢分布を分けて考えると、女性にもかなり多い病気であることがわかります。

具体的に当院でのデータをお示しします。20歳代から40歳代までの若年層では男女比2:1、50歳代以降の中高年層では男女比8:1となり、若年層では女性の割合が多いのです(図1)。

(図1)
成人鼠径部ヘルニアの年齢分布

この項目では、女性の鼠径部ヘルニアについて、若年層と中高年層に分けて、特徴的なことをそれぞれ説明します。

若年層の鼠径部ヘルニア

20歳代から40歳代までの女性では、ほとんどが外鼠径ヘルニアです。(図2)

この年齢層の鼠径部ヘルニアでは、腸がはまり込んで緊急手術になるような嵌頓(かんとん)症状はまずありません。(図3)

この年齢層に特徴的なことは、性周期に一致して、生理のときに鼠径部のしこりが大きくなり、生理が終わると小さくなるという症状が意外と多いということです。このしこりは、ヘルニア囊(のう)の中に水が貯まって膨らんだもの(ヌック管囊腫といいます)で、大きくなると痛みや圧迫感を感じることがあります。

少し専門的になりますが、性周期に一致したしこりの増大が顕著な場合には、時としてヘルニア囊の中に、子宮内膜症が入り込んでいることもあります。手術方法は、ヘルニアの出口(ヘルニア門)の大きさによって判断します。ヘルニア門が小さければ、糸で縛ってヘルニア門を塞ぎます。ヘルニア門が大きければ、メッシュのシートでヘルニア門を塞ぎます。さらに、ヘルニア囊は子宮内膜症の組織を残さないようにするために、すべて切除したほうがいいと考えています。

(図2)
鼠径部ヘルニアの種類
(図3)
嵌頓

中高年層の鼠径部ヘルニア

50歳代以降の女性では、やはり外鼠径ヘルニアが多いのですが、内鼠径ヘルニアや大腿(だいたい)ヘルニアなどの他の鼠径部ヘルニアの発症も見られるようになります。(図2)

(図2)
鼠径部ヘルニアの種類

特に大腿ヘルニアは高齢女性に多いとされ、時に腸が急にはまり込んで嵌頓症状を起こし緊急手術をしなければならないことがあります。この年齢層では、性周期に一致した症状を認めることはなくなります。手術方法は、ヘルニア門が大きい場合が多く、また、複数のヘルニアを認めることもあるため、メッシュのシートで広くヘルニア門を塞ぐ方法が用いられます。

 次に読むのをオススメするのは…

鼠径部ヘルニアの診断

ページトップへ