株式会社メディコン 患者様に役立つ情報サイト(リンク集)医療関係者さま向け情報
ホーム  > 鼠径ヘルニアの治療 > 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術を受ける前に

鼠径ヘルニアの治療 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術を受ける前に【3】

腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術を受ける前に【3】をツイートする

鼠径ヘルニアの手術方法

鼠径ヘルニアはお薬では治すことはできません。下腹部に隆起を認め、不快な症状がある場合は、外科医にご相談ください。

手術件数

国内の手術件数は年間16万件(2010年)、患者の8割以上が男性です。

従来法

メッシュ法が普及する以前に実施されていた鼠径ヘルニアの手術法

従来法の手術はヘルニアの出口を糸で縫って塞ぐ方法でした。
●痛みが強く、入院期間が長い。

腹腔鏡下手術(TAPP法、TEP法)

この手術は腹腔鏡を用いて、ポリプロピレン製メッシュで内側からヘルニアの出口を覆う手術であり、近年、普及してきております。ポリプロピレン製メッシュは50年ほど前から使用され、体内使用の安全性が確認されています。

腹腔鏡下手術(TAPP法、TEP法)の様子とポリプロピレン製メッシュ

従来法との違い

  • 手術創が小さい(一般的に3mm~1cmの小さな穴が3ヵ所程度)
  • 再発率が低い
  • 術後の痛みが少ない
  • 入院日数が短い
  • 両側にヘルニアが存在していても,同一のキズ(穴)から同時に修復が可能
「腹腔鏡下そけいヘルニア手術を受ける前に」 冊子より

メディ助|鼠径ヘルニア,腹壁ヘルニア

Page 3 of 4  << 1 2 3 4 >>

鼠径ヘルニア
鼠径ヘルニアの治療
動画解説
手術を決心されたら
腹壁ヘルニア
コラム
参考資料
用語集
市民セミナー
お知らせ

このページの一番上へ