ヘルニア倶楽部

鼠径ヘルニアの治療鼠径ヘルニア日帰り手術【1】

みやざき外科・ヘルニアクリニック 宮崎恭介先生とフリーアナウンサー相川紗登士氏 鼠径ヘルニア日帰り手術について語る

第一線で活躍されている医療法人団 みやざき外科・ヘルニアクリニック 院長 宮崎恭介先生に聞いてみました。

医療法人社団 みやざき外科・ヘルニアクリニック
院長 宮崎恭介先生

聞き手:フリーアナウンサー 相川紗登士

鼠径ヘルニアとは

鼠径ヘルニア(脱腸)発生のメカニズム

相川: 手術なんて聞きますとちょっとビックリしてしまったんですけど、難しい手術ではないですよね?

宮崎: これはですね、だいたい30分前後の手術で充分日帰りで帰れるような内容の手術となってます。

相川: 手術の内容はどのような事をする訳ですか。

宮崎: これはですね、ちょっとこちらの写真を見ていただきたいのですが、
まず、そけい部というのは足のつけねの部分を言います。
足のつけねの筋肉と筋肉の隙間、これは本来くっついている訳ですけど、いわゆる老化現象によって筋肉、筋膜が弱くなってだんだん広がってきます。
そこにお腹を包んでいる腹膜、そしてそのお腹の中にある腸が出てくるのが鼠径ヘルニア(脱腸)と呼ばれます。

相川: 腸が出てきている訳ですか。

宮崎: そうですね。ですから手術がどんな感じかフリップを用いて説明します。腸と腹膜、これをお腹の中に戻してしまって、この筋肉と筋肉の隙間、これがヘルニアの穴、ヘルニア門と言いますけれど、この部分をですね、このメッシュのシートで穴を塞いでしまいます。

相川: なるほど

筋肉と筋肉の隙間であるヘルニア門から腹膜と腸が飛び出すのがヘルニアヘルニアが飛び出す隙間を鼠径ヘルニア用修復メッシュシートで体の内側から塞ぐ

鼠径ヘルニアの日帰り手術(日帰り入院)の動画


メディ助|鼠径ヘルニア,腹壁ヘルニア

Page 1 of 5  1 2 3 4 5 >>