ホーム  > 手術を決心されたら > 鼠径ヘルニアの再発防止のために

手術を決心されたら 鼠径ヘルニアの再発防止のために

鼠径ヘルニアの再発防止のためにをツイートする

監修:東京慈恵会医科大学附属第三病院 外科 諏訪勝仁 先生

手術法が変われば再発率が変わる

鼠径ヘルニア(脱腸)を手術により治療したあと、その部位が再度鼠径ヘルニアになることを再発といいます。

鼠径ヘルニアの手術法鼠径ヘルニアの再発率は手術法により大きく変わります。人工補強材を使用しない従来からの筋膜を縫い合わせる方法では、再発率は10%近いといわれています。最近、人工補強材(メッシュ)を使う手術法が一般的になりつつありますが、この手術方法では再発率は1%以下です。
再発が起こる時期としては、術後1~2年後が多いです。一方、メッシュを使用していない場合は何年もたってから起こることがあります。

症状としては、手術前と同じように、やわらかく押せば戻るようなふくらみが同じような場所にみられます。 痛みのみが再発の兆候のこともあります。
再発でも嵌頓(かんとん)することがありますので,このような症状がありましたら、早めに病院を受診してください。

手術治療をしていない側に鼠径ヘルニアが出た場合、これは全く新たなヘルニアで、再発ではありませんが、しばしば起こりえます。やはり、鼠径部の筋膜の弱る方に起こる病気ですので、左が鼠径ヘルニアになった方は、右もなりやすいと言えます。1割以上の方が、もう片側もヘルニアになります。

筋肉トレーニングより生活習慣の改善を

鼠径ヘルニアになりやすい原因、過度の食べすぎや喫煙は控えましょう鼠径ヘルニアの再発には手術法が大きく関係することが解っていますが、その他にヘルニア(脱腸)になりやすい原因をできるだけ取り除くことも大切です。
鼠径ヘルニアは足の付け根の部分の筋肉や筋膜が弱くなったことに加えて、お腹に力がかかり腹圧が高くなることによって起こりやすくなるといわれています。日常生活では、腹圧が高くなることを避けるために、重たいものを持ち上げたり、立ちっぱなしの状態を少なくするように心がけることが大切です。

また、肥満や喫煙も原因の一つとされています。体重を減らしたり、禁煙することも効果があるでしょう。その他に、便秘症、前立腺肥大や咳なども、お腹に力がかかることにより鼠径ヘルニアの原因となることが知られていますので、これらの病気を治療し、原因を取り除くことも重要です。

過度の腹筋のトレーニングは鼠径ヘルニア(脱腸)の再発防止には効果がありません「筋肉が弱くなることが原因だ」として、筋肉強化のトレーニングを行う人がいますが、過度の筋肉トレーニング(腹筋体操など)はヘルニア(脱腸)の再発防止には効果がありません。
再発防止のための心がけは、患者さんそれぞれの年齢、体力、生活スタイル等により様々ですので、具体的には担当の医師と相談してください。


外科医が鼠径ヘルニアを解説する動画メディ助|鼠径ヘルニア,腹壁ヘルニア

鼠径ヘルニア
鼠径ヘルニアの治療
動画解説
手術を決心されたら
腹壁ヘルニア
コラム
参考資料
用語集
市民セミナー
お知らせ

このページの一番上へ