株式会社メディコン 患者様に役立つ情報サイト(リンク集)医療関係者さま向け情報
ホーム  > 鼠径ヘルニアの治療 > 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術を受ける前に

鼠径ヘルニアの治療 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術を受ける前に【2】

腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術を受ける前に【2】をツイートする

鼠径ヘルニアの種類と症状

鼠径ヘルニアには3つの種類があります。

(1)外鼠径ヘルニア

鼠径靭帯の上で、外側から出てくるヘルニア。鼠径ヘルニアでは一番多いヘルニアです。

(2)内鼠径ヘルニア

鼠径靭帯の上で、内側から出てくるヘルニア。

(3)大腿ヘルニア

鼠径靭帯の下から出てくるヘルニア。出産を経験した女性に多く見られます。

鼠径ヘルニア(脱腸)の3つの種類.外鼠径ヘルニア,内鼠径ヘルニア,大腿ヘルニアおよび鼠径靭帯の位置関係

鼠径ヘルニアの症状

1.鼠径ヘルニアの初期症状、不快感や痛みを感じる。2.立った時とき、鼠径部に柔らかい腫れを感じる。3.指で押さえる引っ込む4.腫れが急にかたくなり指で押さえても引っ込まなくなる。

  1. 不快感や痛みを感じる。(不快感や痛みは個人差があり、感じない方もおられます。)
  2. 立った時やお腹に力を入れたとき、鼠径部に柔らかい腫れを感じる。
  3. 指で押さえると通常は引っ込む。
  4. 腫れが急にかたくなり、指で押さえても引っ込まなくなる(カントン)。この場合は緊急手術が必要です。
「腹腔鏡下そけいヘルニア手術を受ける前に」 冊子より

メディ助|鼠径ヘルニア,腹壁ヘルニア

Page 2 of 4  << 1 2 3 4 >>

鼠径ヘルニア
鼠径ヘルニアの治療
動画解説
手術を決心されたら
腹壁ヘルニア
コラム
参考資料
用語集
市民セミナー
お知らせ

このページの一番上へ