ヘルニア倶楽部   https://www.hernia.jp/   Produced by メディコン

≪ 前のページに戻る     印刷する
ホーム  > 鼠径ヘルニアの治療 > 小児の鼠径ヘルニア(脱腸)手術について

鼠径ヘルニアの治療小児の鼠径ヘルニア(脱腸)手術について


監修:医療法人社団 みやざき外科・ヘルニアクリニック
宮崎恭介先生

成人とは異なる小児の手術

小児の鼠径(そけい)ヘルニアは小児外科でもっとも多い病気です。小児の鼠径ヘルニアは、成人とは異なり、先天的な要因で発症します。

男児の場合、出生が近づくと睾丸が陰嚢(いんのう)内に降りてきます。そのとき腹膜も一緒に引っ張られて袋状になります。通常、睾丸が陰嚢まで達すると、この腹膜は自然に閉じるのですが、腹膜が閉じない場合があります。そこに腸などのお腹の中の組織が入り込むことで小児鼠径ヘルニアが発症します(図1) 。

小児鼠径ヘルニアの発症(男児)1小児鼠径ヘルニアの発症(男児)2小児鼠径ヘルニアの発症(男児)3

【図1】小児鼠径ヘルニアの発症(男児)

女児の場合も、ヌック管と呼ばれる管が下に降りてきて、男児と同じように腹膜が引っ張られ袋状になります。この腹膜も閉じない場合に、小児鼠径ヘルニアの原因となります。

小児鼠径ヘルニアの治療は手術ですが、手術方法は成人とは違います。小児の場合、成長過程にあることや、成人のように身体の組織が弱くなることが発症の原因ではないため、人工補強材を用いた手術は行いません。手術は単純にヘルニア嚢(のう)の根本を糸で縛って塞ぐのみです。

治療はヘルニアの出口を塞ぐ手術が基本

小児鼠径ヘルニア(脱腸)のイメージ

小児の鼠径ヘルニアの手術では、従来からよく行われている開腹手術と、最近行われるようになってきた腹腔鏡(ふくくうきょう)手術の2つがあります。

開腹手術では、まず全身麻酔をしてから鼠径部の皮膚を2cm程度しわに沿って横に切開します。次に、腸などが入っていたヘルニア嚢を取り出し、できるだけ根本まで周囲の組織からきれいに剥がしていきます。ヘルニア嚢の根本をヘルニア門といいますが、この位置でヘルニア嚢を糸で縛って塞ぎ、お腹の中の組織が外に出てこないようにします(図2) 。

最後に、きれいに皮膚を閉じます。

小児の鼠径ヘルニア

また最近では、傷あとが小さく術後の痛みも少ない腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術を行っている病院もあります。この手術も全身麻酔で行います。腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術では、おへその近くに3mm~5mmの穴を開けて、腹腔鏡と呼ばれるカメラと手術操作をする器具をお腹に入れてヘルニアの修復を行います。小児の腹腔鏡下ヘルニア手術でも、開腹手術と同じように、ヘルニア嚢の根本を糸で縛って塞ぎます。やはり、メッシュなどの人工補強材は使用しません。

小児と成人の鼠径ヘルニアの違い」の記事もご参照ください。

メディ助|鼠径ヘルニア,腹壁ヘルニア

このページの一番上へ

≪ 前のページに戻る     印刷する
ヘルニア倶楽部    https://www.hernia.jp/
Copyright © Medicon,Inc. All Rights Reserved.