株式会社メディコン 患者様に役立つ情報サイト(リンク集)医療関係者さま向け情報
ホーム  > 用語集 > 【あ~こ】

用語集 【あ~こ】

【あ~こ】をツイートする

陰嚢水腫(いんのうすいしゅ)
精巣とそれを包んでいる膜の間に液体が溜まり、陰嚢が膨らんで大きくなる病気。痛みはなく、ほとんどは片側だけに起こる。精巣水腫とも言われる小児の病気。
インフォームドコンセント
医師が患者さんに診療の目的・内容を十分に説明して、患者さんの納得を得て治療を行うこと。
会陰ヘルニア(えいんへるにあ)
会陰(えいん:いわゆる陰部のこと)に出てくるヘルニア。
壊死(えし)
感染、物理的圧迫、化学的損傷、血流の減少など様々な原因により細胞が死ぬこと。
観血的治療(かんけつてきちりょう)
外科的手術などの出血を伴う治療のこと。
嵌頓(かんとん)
嵌頓(かんとん)になった鼠径ヘルニアのイラスト 主に腸がヘルニア門にはまり込み、元に戻らなくなった状態。膨らみが硬くなったり手で押さえても戻らず、お腹に強い痛みや吐き気を感じるようになる。このまま放置すれば腸が壊死(えし)する恐れがある。<イラスト参照>
外鼠径ヘルニア(がいそけいヘルニア)
外鼠径ヘルニア位置を示すイラスト 鼠径部を走行する血管(下腹壁血管)の外側で発生する鼠径ヘルニアの名称。横筋筋膜(おうきんきんまく)にもともとある内鼠径輪(ないそけいりん)というすきまから主に発生する。間接型ヘルニアともいう。 <イラスト参照>
合併症(がっぺいしょう)
ある疾患に関連してともに生じる他の病気。手術や検査などが原因になって生じることがある病気。
QOL
クオリティ・オブ・ライフ(Quality of Life)の略語で「生活の質」と訳される。一般に、病気や治療に伴う犠牲により、どれだけ「人間らしい生活を送ること」が出来ているかを考慮し、治療による効果(成績)とあわせて考慮すべきという概念。
局所麻酔(きょくしょますい)
患者さんの意識消失を伴わない麻酔。主に、切開したり、人体の一部を切除する範囲が少ない手術や簡単な救急処置などで用いられる麻酔。
筋膜(きんまく)
筋肉を包んでいる比較的薄い膜。身体全体に張りめぐらされている網状の白くて薄い伸縮性のある組織。
クーゲル法
形状維持するためのリングを有したRobert D. Kugelが開発した、鼠径ヘルニア治療用メッシュを用いた術式を言う。腹腔鏡を用いたヘルニア手術のように、手術中、ヘルニア門に至る過程で鼠径部の筋膜の損傷を軽減できる可能性が高い。また、ヘルニア門を形成する筋膜(横筋筋膜)の裏にメッシュを留置することで、補強したい筋膜を裏から支える形となり、腹圧によりメッシュが固定される特徴がある。
クリティカルパス
疾患ごとに入院から退院までの検査の予定など一連の流れをスケジュール表のようにまとめたものを言う。
硬膜外麻酔(こうまくがいますい)
背骨の間から背中を走っている脊髄という太い神経のまわりに麻酔薬を入れて、手術する部位の痛みをとる方法。脊髄をおおっている硬膜という膜の周囲に麻酔薬を注入する。主として下腹部や下肢の手術の時に使用される。
根治(こんじ・こんち)
完全に病気が治り治療しなくて良くなった状態。また、治す治療のこと。
鼠径ヘルニア
鼠径ヘルニアの治療
動画解説
手術を決心されたら
腹壁ヘルニア
コラム
参考資料
用語集
市民セミナー
お知らせ

このページの一番上へ