ヘルニア倶楽部   https://www.hernia.jp/   Produced by メディコン

≪ 前のページに戻る     印刷する
ホーム  > コラム > 小児と成人のそけいヘルニアの違い

コラム小児と成人のそけいヘルニアの違い


子どもと大人では原因が違います。

小児と成人(一般に18歳以上)の鼠径ヘルニアの一番の違いは病気の原因です。小児の場合はほとんどが先天的なもので外鼠径ヘルニアが多くみられます。成人の場合は加齢とともにお腹の部分の組織が弱くなるために起こることが原因で、40歳以降の男性の内鼠径ヘルニアが多くみられます(「太もものつけねが膨らみます」を参考にしてください)。

また、乳幼児は自分から症状を訴えることが出来ませんので、お母さんなどがおしめ交換のときなどの太もものつけねの膨らみや、泣き声の違いから異常を見つけてあげることも大切です。

小児鼠径ヘルニアは先天的、外鼠径ヘルニアが多い。成人の鼠径ヘルニアは後天的、内鼠径ヘルニアが多い小児
・先天的
・外鼠径ヘルニアが多い

成人
・後天的
・内鼠径ヘルニアが多い

したがって、治療法も少し異なります

治療は小児でも成人でもヘルニアの症状が重くなる前に手術をすることが基本ですが、原因が違うため少し治療法が異なります。
小児の場合は、特に痛みなどが無い時は経過をみて自然に治ることを待つ場合もあります。
一方、成人の鼠径ヘルニアは自然に治ることはなく、手術による治療が必要になります。
小児は成長過程にあるため、体内に残る人工補強材などは使わず、ヘルニア嚢(のう)と呼ばれる部分を縛ったり、切除したりして治療します。
成人の場合には、メッシュの人工補強材を使った治療法が最近多くの病院で行われています。

小児の鼠径ヘルニア治療は、人工補強材を使わない手術。成人の鼠径ヘルニアは、人工補強材を使った手術が一般的

小児
・経過をみる場合もある
・人工補強材を使わない手術

成人
・手術による治療が必要
・人工補強材を使った手術が一般的

小児の鼠径ヘルニア(脱腸)手術について」の記事もご参照ください。


メディ助|鼠径ヘルニア,腹壁ヘルニア

このページの一番上へ

≪ 前のページに戻る     印刷する
ヘルニア倶楽部    https://www.hernia.jp/
Copyright © Medicon,Inc. All Rights Reserved.