ヘルニア倶楽部   http://www.hernia.jp/   Produced by メディコン

≪ 前のページに戻る     印刷する
ホーム  > 手術を決心されたら > 鼠径ヘルニアと診断されたら

手術を決心されたら鼠径ヘルニアと診断されたら


監修:東京慈恵会医科大学附属第三病院 外科 諏訪勝仁 先生

鼠径ヘルニア(脱腸)を“治す”方法は手術だけ

成人の鼠径ヘルニア(脱腸)は自然に治ることはありません。また、有効なお薬や運動療法もなく、手術のみが”治せる”治療です。
ヘルニアバンド(脱腸帯)を使用している方もいらっしゃいますが、これらは鼠径ヘルニアを治すものではなく、外から押さえることにより、一時的に鼠径ヘルニアの症状を軽くする対症療法です。
最近では、ヘルニアバンドはむしろ圧迫により皮膚障害や精巣(睾丸)萎縮を招くおそれがあるとされており、お勧めできません。
鼠径ヘルニアは良性の病気ではありますが、放置すると嵌頓(かんとん:飛び出した部分が元に戻らなくなること)になることがあり、緊急手術が必要になることもあります。嵌頓(かんとん)は鼠径ヘルニア患者さん全体の約5%程度に起こると考えられていますので、スケジュールのよい時期を選び、早めの手術治療を受けましょう。

鼠径ヘルニア(脱腸)は薬や運動、脱腸ベルトでは治りません。治療には手術しかありません

“安心”は医師や看護師への相談・質問から

鼠径ヘルニアに手術についての説明で疑問や手術日程の希望などは医師や看護師への相談

最初に医師と相談し、手術の日程を決めます。鼠径ヘルニアの治療は、弱くなった組織を補強する手術です。手術法は補強のためにメッシュ(ポリプロピレンというプラスチックの一種を使った網)を用いた手術(メッシュ法)と、メッシュを用いず弱いところを直接縫い合わせる手術(従来法)とに大別されます。メッシュは体に非常に優しい素材で、再発率が低いため(メッシュ法 約1%、従来法 約10%)ほとんどの施設でメッシュ法が行われていますが、一部の患者さん(若年者、妊婦など)には使用しないこともありますので医師にご相談ください。
手術に麻酔は不可欠ですが、麻酔法は患者さんの要望によって、また、施設によっても変わります。担当の医師とよく相談して、より良い手術法(麻酔法)を選ぶようにしましょう。

手術前に必要な検査(術前検査)が行われます。通常は、採血、心電図、レントゲン撮影などの一般的な検査です。
検査で問題なく手術が決定した場合、手術前や手術当日に医師や看護師から、病名、手術法、麻酔法、手術内容と時間、食事や運動など、手術前後の生活上の注意や手術直後、退院後の経過や注意について説明があります。その内容で解らないことや希望などがあれば、医師や看護師に質問や相談をして安心して手術を受けてください。


外科医が鼠径ヘルニアを解説する動画メディ助|鼠径ヘルニア,腹壁ヘルニア

このページの一番上へ

≪ 前のページに戻る     印刷する
ヘルニア倶楽部    http://www.hernia.jp/
Copyright © Medicon,Inc. All Rights Reserved.