ヘルニア倶楽部   http://www.hernia.jp/   Produced by メディコン

≪ 前のページに戻る     印刷する
ホーム  > 腹壁ヘルニア > 腹壁(ふくへき)ヘルニアとは?

腹壁ヘルニア腹壁(ふくへき)ヘルニアとは?【1】


医療法人 社団俊和会 寺田病院 外科 部長 堀孝吏先生

堀孝吏先生

はじめに
腹壁ヘルニアを理解するにあたり、医学で用いられる用語は一般的でなく、分かりにくいと思いますので、最初に医学用語の説明を少し行い、医学的な“おなか”理解していただいてから“腹壁のヘルニア”の説明に移ってゆきたいと思います。

腹壁(ふくへき)ってなーに

“おなか”といわれると漠然とおへその周りのことと思いがちですが、腹壁のヘルニアを理解するためにはもう少し専門的な理解が必要です。まず、専門家は“おなか”という言葉を使いません。これは、医学的にはっきりとした取り決めが無いためです。代わりに似たような言葉でよく用いられるのが“腹部”という言葉です。“腹部”という言葉は“胸部”という言葉の対語として用いられます。

腹部は胸部と横隔膜で仕切られます。横隔膜というのは内臓筋肉の一種で、自分の意思では動かすことができませんが、呼吸を助ける重要な筋肉です。この横隔膜は肝臓の上を覆うようにあり、背骨・肋骨・胸骨といった体を構成する骨に付着していて腹部と胸部の境界を作っています。この横隔膜よりも下側(足側)の部分で足のつけねよりも上側(頭側)を腹部と呼びます。

腹部の外枠は、皮膚、皮下脂肪、筋肉、筋膜によって形成され、内側を腹膜という薄い膜で包まれています。このようにして作られた腔(これを“腹腔(ふくくう)”と呼びます)にいわゆる内臓(肝臓、胃、十二指腸、小腸、大腸などの消化器官など)を納めています。
細かいことを述べると、泌尿生殖器(腎臓、尿管、膀胱、子宮、卵巣)や、すい臓、結腸・直腸の一部などは正確には腹膜の外側で筋肉との間にあります。(図1・2)

腹部臓器の位置関係(肝臓・胃・大腸・小腸・おへそ・虫垂・膀胱・横隔膜・脾臓・腹膜)hernia21_2.png
図1:画像クリックで拡大

まとめると、腹腔とは、肝臓、胃、十二指腸、小腸、大腸などの消化器官や腎臓、尿管、膀胱といった泌尿器官、さらに女性では卵巣、子宮といった生殖器官をおさめこれらの臓器を守り支えている部分ということができます。

**参考**
医学的には、「腹腔(ふくくう:体腔のうち横隔膜より下の部分で、腹膜に覆われている。)を取り囲んでいる組織で、皮膚・皮下脂肪・筋肉によって構成されている。腹部内臓の保護のみならず呼吸や排便排尿の補助を行う役目を担っている。専門的には腹壁を4または9区分して部位を表示する。」という説明になります。(図3)

図3 腹壁の医学的な区分(画像クリックで拡大)

腹壁の医学的区分(右上腹部・左上腹部・右下腹部・左下腹部・正中)(右側腹部・右腸骨窩・右鼠径部・臍部・恥骨部・下腹部・左側腹部・左腸骨窩・左鼠径部・左右第10肋骨下縁を結ぶ線・左右上前腸骨棘を結ぶ線・鼠径靭帯・左右鼠径靱帯の中点を通る線)


外科医が鼠径ヘルニアを解説する動画メディ助|鼠径ヘルニア,腹壁ヘルニア

このページの一番上へ

≪ 前のページに戻る     印刷する
ヘルニア倶楽部    http://www.hernia.jp/
Copyright © Medicon,Inc. All Rights Reserved.