株式会社メディコン 患者様に役立つ情報サイト(リンク集)医療関係者さま向け情報
ホーム  > コラム > 外科医に聞く鼠径ヘルニアの治療

コラム 外科医に聞く鼠径ヘルニアの治療【1】

外科医に聞く鼠径ヘルニアの治療【1】をツイートする

加齢で増える鼠径ヘルニア(そけいヘルニア)

人工補強材を使った手術で日帰り治療が可能に

俗に「脱腸」の名で知られる鼠径ヘルニア(そけいヘルニア)は、老化現象のひとつ。最近は手術の方法が進歩し、体の負担が少ない日帰り手術も可能になっています。数多くのヘルニア手術を手がけてきた「みやざき外科・ヘルニアクリニック」の宮崎恭介院長に話を聞きました。

筋膜が弱り腸が飛び出す根治には手術が必要

鼠径ヘルニア(そけいヘルニア)とはどのような病気ですか。

宮崎:
臓器や組織が本来あるべき場所から脱出した状態のことをヘルニアと言います。鼠径ヘルニア(そけいヘルニア)は、足のつけね(鼠径部:そけいぶ)の筋膜が裂けて隙間が開き、内側にある小腸や大腸が腹膜ごと外に飛び出してきたものです。(イラスト参照)立ったときやおなかに力を入れたときに、鼠径部(そけいぶ)にポッコリとした軟らかい腫れができます。

クーゲル法による鼠径ヘルニア手術イメージ

なぜヘルニアになるのでしょうか。

宮崎:
子供のヘルニアは先天的なものですが、成人の場合は加齢によって筋膜が弱くなることが主な原因です。鼠径部(そけいぶ)の筋膜にはもともと裂けてヘルニアになりやすいところが3ヶ所あるのですが、その部分が加齢でさらに弱くなり、長年の力仕事などによる負担も加わってヘルニアが生じるのです。

できた場所によって外鼠径ヘルニア(外そけいヘルニア)、内鼠径ヘルニア(内そけいヘルニア)、大腿ヘルニア(だいたいヘルニア)と呼んでいますが、2つ以上のヘルニアを持っている患者さんも1~2%おられます。男性患者は女性の3倍と圧倒的に多く、50代から患者が急増します。

ヘルニアは薬では治らないのでしょうか。

宮崎:
ヘルニアは自然に治ることはありません。有効な薬物療法もないので、根治のためには手術が必要です。痛みや張りが強い、ヘルニアが出たまま押しても戻らないというような場合は手術をしたほうがいいでしょう。良性の病気ですから、ヘルニアが出たり入ったりで痛みもないという人は急いで手術をする必要はありません。

しかしヘルニアが出るというのはご本人にとっては非常にうっとおしいもので「下腹部に違和感があっていつも気になる」「友人と温泉にも行けない」と悩んでいる方も非常に多いのです。ヘルニアがQOL(生活の質)を低下させているようなら手術をお勧めします。


メディ助|鼠径ヘルニア,腹壁ヘルニア

Page 1 of 2  1 2 >>

鼠径ヘルニア
鼠径ヘルニアの治療
動画解説
手術を決心されたら
腹壁ヘルニア
コラム
参考資料
用語集
市民セミナー
お知らせ

このページの一番上へ